通訳ガイド当校合格者前田育子さん
2013年度通訳ガイド試験当校合格者

<自己紹介>

海外留学や英語を使う仕事についていたなどという輝かしい経歴もなく、ただ単に英語が好きで、旅先であるとき通訳ガイドらしき女性を見かけ、「いいなあ、あんな仕事がしてみたい」とこの勉強を始めた事は今思えばなんと無謀なことだったのかと思います。 最初の一年は案の定授業についていけず、お恥ずかしい話ですが途中で学校にいかなくなってしまいました。授業料を払い込んでるにもかかわらず!
そんなある日、富士アカデミーの事務の方から1本の電話がありました。ずっと休みですがどうされたのかと、そしてもし通学が困難なら通信授業にも変更できますよという内容でした。それでも断る私に、何とかして継続できるよういろいろな提案をしていただきました。提出物がないことでたぶん知念先生が電話するように指示してくださったのかもしれません。恐縮しながらずいぶん親切な学校だなあと思いました。そこで終われば今の私がなかったわけですが・・・1年以上たちやはりこのままでは終われない、もう一度だけあの学校で勉強を始めてみよう、絶対休まないこと、予習復習をきちんとすることだけを決めました。試験に受かることより自分の実力がどこまで伸びるか自分なりにコツコツとやってみようと。

1.1次試験英語対策

勉強のやり方は、予習ももちろん大切ですが復習に重点をおきました。どんなに疲れていてもその日習ったことは必ず復習、そしてわからないところは解るまで徹底的に聞く、それの繰り返しです。また、校内模試も隅からすみまでやり直す。とくに間違ったところは重点的に!富士の教材は精読用英文や小テストなど内容に優れていますが、私の一番のおすすめは青い表紙の単語集です。最初見たときはほとんど見たこともない単語!ですが覚えるにしたがって重要な単語だということがわかってきました。BBCニュース、新聞、Time Magazineなどのなかでは、この単語達によく出会います。またこのような一ランク上の単語を自分が知っていること、会話で時には使えることは私のひそかな自信になりました。。単語は、毎日毎日細切れの時間を利用して覚える、ただただ継続あるのみでした。
本試験でも単語を理解しているということに助けられました。英検1級の試験にもおおいに役立ちます。どこに行くにも連れて行っていた、書き込みがいっぱい入ったこのぼろぼろの単語帳は今も私のバイブル、そして覚えた単語は一生の財産です。
富士ではいい仲間にもめぐり合えました。皆さんとても意識が高く、また同じ目標を持っているのでいい刺激になり話していて楽しく勉強になります。授業の始まる前に単語の言い合いをしたり校内模試の後は解答を分析しあったり、苦しかったとき同じように頑張っている仲間にずいぶん励まされました。さて、私の初めの目標も徐々に、校内模試の結果で上位に入ること、名前が張り出されることに代わり、それも達成、コンスタントに得点できるようになりました。学校の教材の他に、岩渕先生に薦めて頂いた日栄社の1日1題条件英作文や英文解釈などの問題集、これは高校上級用ですが基本に立ち返ることができ自分はまだまだ足りないことがわかりました。また旺文社の基礎英語問題精講などかたっぱしから取り組み、今まで解らなかったことがある日、急にわかる!という、低レベルから始めた者特有の幸せな現象もあり、それもこれもどんなつまらない質問にも丁寧に根気強く、時間をどんなにオーバーしようとも答えてくださる先生方に支えられていたおかげだと思っています。

2.1次試験社会科対策

3.2次試験対策

二次対策授業は一次試験合格後から。と考える方もおられるでしょうが、この授業は早くから始めても決して無駄ではありません。日本文化や習慣など日ごろ当然と思っている簡単なことを英語で説明するのはたいへん難しいものです。日本語で説明できないことは英語で説明するのはほとんど無理です。私はDavidのクラスでお世話になりました。切れのいいスピードのあるAmerican English!そのてきぱきした中に必ずジョークが入ってそれも聞き漏らしたらもったいない!と必死で話についていこうとするのでリスニングも鍛えられました。笑いのつぼに入ってしまいこらえるのに苦労したときもあり、でもDavidは面白いだけでなく 一人ひとりの話すことを細かく聞いてくれ、文法の間違いの指摘、そしてそれはこういったほうがいいよ"You would say・・・"とナチュラルで正しい英文に必ず直して教えてくれます。私はいつも授業を録音し、他の人の発言もそれに対するDavidの答えも全部、家に帰ってからもう一度聞きなおし、何度も止めては聞き正しい言い回しをノートにまとめていきそれを言えるよう何度も声に出して覚えました。とてもとても丁寧で細かく、もし自分が日本語を外国人に教えるとしたらあんなに細かく丁寧に何度も同じことを教えられるだろうか!と思います。 "Have a confidence!!"、"Smile!!"何度もいわれたことです。うまく答えられなく落ち込んだ帰り道で「よーし、今度同じ質問を受けたら絶対完璧に答えるぞ!!」このようにしてだんだん力がついていったのかと思います。 今回の試験から傾向が変わり、大変そうに最初は思えましたが、去年までの何を聞かれるのかわからないより、準備さえすれば自分のペースで話せるともいえます。 私はすべての事象を少なくとも2、3行の文でコンパクトにまずは言い出せるようにノートにまとめ、出題されそうな主だったものは2分でスピーチできるよう自分の言葉、自分の英語でいえるようまとめました。そして本番までの毎日、タイマーを隣に置き2分はかり何度も何度もスピーチの練習をしました。2分間で言いたいことを全部言い終えるにはどのくらいの速さで話せばいいのか、短すぎたり途中で時間切れになったりとのどが痛くなるほど、家族に試験官役をしてもらったり、ある日は壁に向かい、ある日はネコにも向かって・・・このような必死の努力とDavidの厳しくそして的を得た直前授業の結果、もう何でも来い!と自信を持って試験にのぞめたので、本番ではリラックスして楽しむことができました。

4.これから受験される方へのアドバイス

5.富士のよかったところ

たいへんアットホームな雰囲気で良心的です。事務の方から電話をいただいたという冒頭の話が富士アカデミーの姿勢を示しています。知念先生は学校の収益より生徒のことを一番に考えておられるように感じます、たった一枚のDVDでもすぐ翌日に送ってくださる事務のみなさん、英語教育のエキスパートである岩渕先生、そして厳しいながら楽しいnativeの先生方。
今からガイドの勉強を始めてみようかな、でもまだ自信がなく迷ってる方がいれば富士はおすすめの学校だと思います。

富士アカデミーに初めて入った当時を思い出すと、今、合格証書を受け取った自分がいることが不思議な気がします。
「"夢"はみるものではなく叶えるもの」私の好きな言葉です。今までの人生でたぶん一番集中して勉強したであろう年月、そして目標に到達できたことはきっとこれからも支えになると思います。でも実はこれからがスタート。以前よりもっと勉強が必要です。ただ単に名所旧跡を案内し説明するだけでなく、日本人の行動や考え方とその底にある日本文化とのつながりなど、自分の言葉で自分の英語で話せたら、そして来られた方に、あなたに会えて日本が好きになった,また訪れたいと言っていただけたらどんなにすばらしいかと思います。そんなガイドになれるようがんばります。

最後に、先生方、事務の方々にお礼を伝えるとともに、これまでの長い間、時には家事を放り出し、時には、やさぐれる私に一言の文句もいわずに黙って見守っていてくれた家族にありがとうと言いたいです。